穏やかな姉妹育児を目指して…

優しい母を目指してみる

2回のコロナワクチン接種(モデルナ)を打った時のこと

さっそく育児と違う内容で恐縮ですが(笑)。

最近たくさんのアクセスをいただいていた、ワクチン接種関連の記事だったのに、消してしまって申し訳ないので(それも身バレしそうだったのでリスタートしたのもあるのですが^^;)、改めてざっくりと書いておこうと思います。

 

まず、私が打ったワクチンは「モデルナ」。
接種券が早く届いたので、まださほど混んでいない時に自衛隊の大規模会場で予約することができました。
6月下旬に1回、そして今月下旬に1回と、2回の接種が終わったところです。

 

副反応は、やっぱり相当キツかったです。
1回目は打った2時間後ぐらいから腕が痛くなり、翌日に微熱が出ました。
特に辛かったのは腕の痛みで、少し上げるだけでも激痛。
その痛みのピークは約1日ぐらいでしたが、数日は痛みが残ったし、体内に薬が入ったせいもあるのか1週間ぐらいはだるかったです。

 

そして、副反応がキツいという噂の2回目…。
1回目も副反応があったので、相当の覚悟を持って臨みました。
でも、打ってから約20時間の間はさほど目立った副反応が無い。
1回目に経験した、あの辛い腕の痛みもそれほどなく、余裕で腕を上げられる程度でした。
なので「なんだ、楽勝じゃん!」なんて思っていたのですが、それも束の間…あっという間に発熱し、あっという間に39度を突破。
見事に寝込んでしまいました。

ただ、頭痛や吐き気が無かったのはラッキーでした。
まぁ熱だけでも充分にキツいんですけどね^^;


でもその2回目の不調も、本当に辛かったのは約1日。
その後は平熱に戻り、普通に過ごしています^^

なんだか疲れましたけどね…。
でも、感染者もどんどん増えているし、これで重症化のリスクが減ったのかな?と思うと、やっぱり打って安心しました。


最後になりましたが、私が早々に打った理由はやっぱり、子どもたちのこと。
私は外で働くことが多いので、家族の中で一番ウイルスを持ち込んでしまう可能性があります。
(子どもたちも学校に行っていますが、学校での感染対策はちゃんととられているし、むしろ子どもの方が気をつけている気が…)

なので、子どもに移してしまうことだけが気がかりでした。

それに、子どもたちに夏休みの思い出も少しは作ってあげたいので、できたら夏休みまでに打ち終えたかったという。
幸い接種券が早く届いたからできたことで、もし遅かったら夏休み明けにしていたかも…と思います。
それでも良かったと思うし、ワクチンを打ったからといって安心して遊びに行けるわけでもないですしね。


子どもがいると、自分のスケジュールだけで調整できないところが辛いですよね…。
打つにしても打たないにしても、家族にとって一番良い形を選択するのが良いと思いました^^