喪中はがきの準備、ほぼ完了!

いつもは12月の終わり頃から年賀状の準備を始める我が家ですが(遅すぎ)、今年はそうも言っていられません。

母の喪中なので、早めに喪中はがきを出さなければ…。

ほとんどの方は知っていると思うのですが、それでもやっぱり出さないわけにはいかないかな、と…。

個人的にはもう、年賀状という風習はやめにしたいんですけどね^^;

 

さて、そんなわけで喪中はがきを準備しなければ…と新盆が終わった頃から考えていました。
最初は印刷注文をする予定だったのですが、なんだかしっくりくるデザインが無い。
というか、印刷注文しても宛名は自分で印刷したいわけだし、枚数もキリが良いとは限らない。

なので、自分で印刷することにしました。


用紙を色々探したのですが、一番良さそうだったのがこれ!


エレコム 喪中ハガキ しだれ柄 郵便番号枠入り 50枚入り EJH-MS50G2 M ( 絵柄 ) ELECOM

 

エレコムだから質は問題ないし、専用ソフト(無料)で使えるテンプレートもあります。
柄も程よく入っているし。


今日届いたので、さっそく印刷。
私は結局エレコムのテンプレートではなく、他のサイトでダウンロードしたテンプレートを使ったのですが、とても綺麗に印刷できました!!
自分で印刷した感じが一切しないです。

出来上がりを見たら、つくづく業者に頼まなくて良かった…と思いました。


800円足らずでできたということももちろんですが(お金に代えられないことだと思いますが、でもどうせならば喪中はがきよりもお供え物とかにその分のお金を使ってあげたい)、自分で作ったということに意義を感じています。
やっぱり寂しいですけどね。
普段離れて暮らしていたので、母の死を忘れてしまいそうな部分もあるのですが(毎朝お線香をあげてはいるけども)、こういう風に文面で「永眠」とか母の名前を見ると、本当に死んじゃったんだな…と実感します。

 

でも、死んだ後でも、してあげられることって案外あるんですよね。

 

宛名は次の休みにでも印刷して、来週中には届くように送りたいと思います。