寂しいけど送らなければ

いよいよ今日は送り火を焚いて、母をはじめとしたご先祖様(父も)を帰さないといけません。
午前中にお寺に行く約束をしているので、あと1時間以内には送らないと。

お盆で使ったものたちも燃えるゴミで出さなければいけないので…。
(昔は川に流していたようですが、今は禁止なので燃えるゴミとして出します位牌

 

なんだか寂しいけど、ちゃんと見送ってあげなきゃ。

位牌は東京に連れて帰るので、お盆だけではなく、いつも一緒にいるはずなんですけどね~。

 

ちなみに、このお盆期間に母の存在を感じるような出来事を期待していたのですが(納骨した晩につま先を叩かれたような)、特に何もありませんでした。
でも「今きっとそこに立って見てるのかな~」と感じることはあったので、そうだったんだろうと信じています。