家族葬で見送りました

無事に送ることができて、少しだけ気持ちが落ち着きました。

もちろん喪主は初めてだったので少しプレッシャーでしたが、親族だけの家族葬だったし、お寺さんも父の時からお世話になっているところだし、みなさん温かく見守ってくださったので無事に執り行えました。

 

母も生前から少人数での家族葬を希望していたようなので(叔母に言ってたらしい)、その希望も叶えてあげられたと思います。

田舎の持ち家とはいえ、収入は国民年金のみで楽ではなかったはず。

なのに、数年前から葬儀代が出る生命保険に入っていました。

最大50万円ですが、その範囲で行うこともできました。

少しオーバーしましたが、お香典もかなりいただいたので、お寺さんへのお布施も含めて実費負担は範囲内。

 

それも母は喜んでいると思います。

私たちに負担をかけたくないといつも言っていたので。

 

とはいえ、四十九日に向けて出費は続きます。

当日の出費ももちろんありますし、準備にもお金がかかります。

言われるまで全く気づかなかったのですが、墓石に名前を刻まないといけません。

位牌も作らないと。

四十九日とは関係ありませんが、家の相続登記も。

 

今週いっぱいでやれることを頑張ります。

まずは役所!