認知症ではなく閉じこもり…

昨日はバレンタインデー。
一昨日は子どもたちのチョコ作りをサポートしたり、
昨夜は外食したりと、いつもの平日とは違う楽しい時間が過ごせました^^

 

でもやっぱり、私の心は晴れません。
なんだろう、やっぱり常にモヤモヤしていると言いますか、
心配な気持ちが一番なんですけど、
早く決着しないことに対してイラついてしまったり。


でも当の本人はケロッとしているというか、
こんな事態になっているとは知らないというか、
言っても理解できていないというか…。


実際に会った叔母から話を聞くと、認知症ではないんじゃないかと。
ただ億劫で外に出たくない、人と関わりたくないという
『閉じこもり』な感じ。
もともと昔から出不精だし、家事もせずに家でゴロゴロしていた人なので、
高齢になってもそうなるだろうと思ってはいましたが。

若者で言うところも『引きこもり』ってやつです。
高齢者の場合は『閉じこもり』と呼ぶそうです。

ただ、高齢者は若者とは違い、それが高じて認知症に繋がったり、
体中の機能不全につながるそう。

まだ診断も受けていないし、保健師さんの訪問も受けていないので、
素人目ではなんとも言えませんが、おそらく『閉じこもり』の部類だろうと。


だから光熱費も支払いに行かない、銀行にも行かない。
本当に困らないと動かないのかもしれません。
ポストも見に行ってるんだかどうだか。

銀行も記帳していないだろうし、年金がちゃんと支給されてるかすら、
心配になってきました。
昔から家計管理なんてしたことない人だったので、
父が死んでからの10年間なんとかやってきたのはすごいと思いますが、
口座引き落としにしているものとしていないものがあるのが意味不明(苦笑)。
ルーズさゆえの穴、って感じです…。
それが滞納されてますからね(怒)。
外に出たくないならば、出ないでも済むような仕組みを作っとけ!!って。


自分はしっかりしよう。
子どもたちのためにも。