楽天モバイルの契約を来月から『スーパーホーダイ』に変更することにした

今までは『組み合わせプラン』の3.1GBコースだったのですが、母関係で遠方との電話が殖えそうな今、ちょっと電話代が怖いなぁ…と^^;
こんな時に電話代をケチるな!という気もしますが、そこで1,000円でも浮くのならば、その分何か援助した方がいいってもんです。
レトルトごはんや日用品など、ちょっとしたものが買えるでしょう。

 

今まで楽天モバイルで支払ってきた額は、高い時で3,000円、留守電オプションを含めて大体2,200~2,300円でした。
でも、iPhoneからandroidに変えたことで、本体に留守電がついているのでオプションを解約。
今月からは基本料1,600円+通話料で済むので、2,000円ぐらいでおさまるかな…と思っていたのですが、そんな矢先に母の認知症疑惑(というか確定)が発覚。

今後はちょこちょこ母にも電話することになりそうですし、思い切って『スーパーホーダイ』プランに変えることにしました。

 

スーパーホーダイは国内通話ならば10分以内がかけ放題になります。
(超過分は30秒10円)、
一番安いプランSだと基本料金は2,980円なのですが、楽天会員ならば500円引きになるので2,480円。
さらにダイヤモンド会員だと500円引きになるのですが、私はずっとダイヤモンドを継続できているため、これも適用。
つまり月1,980円で、10分以内の国内通話がかけ放題になるので、こっちの方が断然お得!と踏みました。
LINE電話でほとんど済むといっても、役所とかは固定電話ですからね、当然。

 

ただ、このスーパーホーダイプラン、縛りがあります。
新規で契約した場合は2年か3年か期間を選び、途中で解約すると違約金が9,800円(確か)発生します。
そのかわり『長期割』が適用され、2年間はさらに割引になります。

 

でも私は組み合わせプランからのプラン変更なので、長期割が適用されません。
だけど、期間の縛りは当初の契約どおり(1年間)なので、それ以降に解約すれば違約金はかかりません。

 

どっちが得なのかわかりませんが、まぁとりあえず今の出費を抑えたいので、当分はスーパーホーダイプランの恩恵を受けるとします。

 

ただでさえ、家計がキツイのに…
でも家族のことばかりは仕方ないですね^^;