千葉房総沖でスロースリップ現象…昨日も震度4

大阪北部地震の前に起きていたそうですが。

確かに最近、千葉が震源となっている地震が多い。
その『スロースリップ』現象が原因なのでしょう。


スロースリップとは、プレートの境界面がゆっくりと滑ることで、東日本大震災の前にも見られているそう。

今回、千葉の房総沖ではプレートの岩盤が6.5センチ動いた(スロースリップした)とか。

 

これ、本当に近々、千葉を震源とした大地震がくるのではないでしょうか。

なんだかとてつもない不安にかられ、防災関係のものを注文しているところです。

届くまでの間に大地震がこなければいいのですが…。

 

freekaomama.com

 

不審者も怖いけど、確率的には地震が起きる方が高い気がしてきました…。

どちらにしても気が休まりませんね。

 

子どもたちともしっかり話をして(次女はまだ理解できないだろうけど)、いざ地震が起きた時、ちゃんと迎えに行くから安心するように言い聞かせておかないと…。
せめて一緒にいる時に起きればいいですが、そうとも限らないですしね…。

不安と心配は募ります。