スイミングスクールのスクールバスのメリットは思っていたよりも多かった!

スイミングに通い始めて3ヶ月の長女。
そして、今月からはバスで通い始めました。
最初はどうなるか心配でしたし、今も心配ではありますが、バスを利用し始めて本当に良かったと思っています。

幼稚園ではないので、スクールバスも利用したことがなかったし、1人でバスに乗せるということも経験無かったのですが、今のところはメリットの大きさに驚いています。

 

安全に帰ってこれる!

まず何よりも大きいメリットは、安全に帰ってこれるということ。

とは言ってもバスなので、交通事故などのリスクはあります。
でもそれは、親が運転する車でも、自転車でも、路線バスでも同じこと。
循環バスなので帰りは30分近く乗っていますが、比較的安全な大通りがルートになっているので大丈夫だと思っています。


あとは、風邪をひきづらいのがいいですね。
暖かい季節は帰り道もそれほど心配ではありませんが、冬場の帰り道はやっぱり風邪をひきやすくなります。
自転車に乗せてさっと帰るにしても、風を結構受けますしね…。

その点、スクールバスならば車内が暖かいので安心です。
バス停からの帰り道だけ気をつけてあげれば…!

自立心が強くなる!

まだバスを利用し始めて短期間ですが、自分だけでバスに乗り降りすることで、自立心が強くなったように感じます。
最初は不安だったようですが、2回目からはちゃんと運転手さんにバスカードを渡して、座席に着いているよう。


レッスン後、帰りのバス時間に間に合うかも心配だったのですが、それも今のところ守れているようです。
うちの子は動作が遅いので、乗り遅れてしまい、みんなに迷惑をかけないかと、それが一番の心配だったのですが…^^;

でも、親が思っている以上に頑張っているようです。
むしろ、私が迎えに行き、ロッカーを覗いていた時よりも「早く支度しなきゃ!」という気持ちが働いて、娘には良い薬になっている感じ。

このまま頑張ってほしいと思うとともに、その成長を嬉しく感じたりもしています。

心配ではあるけれど…送迎が楽!

そして私にとっての大きなメリットは、やっぱり送迎の負担が無くなったということ。

小学校低学年のうちはスクールバスが停車するバス停には送迎するつもりですが、それでも負担が全然違います。


自分で送迎していた頃は、下の子を逆方向の保育園に自転車で迎えに行き、そのままスイミングスクールに向かっていました。
なので、帰り道は2人を乗せて帰ってくることに…。
片道10分もかからない場所ではありますが、それでも20キロ近い子どもを2人乗せて自転車を運転するのは、ちょっと(かなり)怖い。
上の子が自分で自転車に乗れるようになればいいんですけどね…、それはそれで並走する側は神経を使います。


その点でも、スクールバスの方が、自転車2人乗せで帰ってくるよりも安全だと思っています。

 

でもデメリットもある

物事にはメリットもデメリットもあるもの。
スクールバスにも当然デメリットはあります。


まず挙げられるデメリットは、上にも書いたとおり「心配に感じる」こと。
乗り遅れやしないか、バス停で乗り過ごさないか(私がバス停で待っていると言えども)、バスの中で気持ち悪くなっていないか…など、いくらでも心配事は探せますw

そこはもう、子どもを信じるしかないんですけどね。

それを解消するために先週からスマホを持たせたので、以前よりは安心できています。

freekaomama.com

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

 

交通事情も大きな心配要素ですが、我が子が通っているルネサンスのスクールバスはWebで運行情報が確認できます。
リアルタイムで、バスがどこにいるのかわかるので安心。
設定しておくと、バスが到着するちょっと前にメールを配信してくれます。

やっぱり大きなスポーツクラブはシステムも整っているし、安心ですね。
バスのルートや本数も多いです。

もう少し安いスイミングスクールも近くにあったけれど、ルネサンスにして正解だったと思っています。

会費を支払うために、カードを作らされましたが…。
もともとベネッセのイオンカードを持っていたのですが(こどもちゃれんじ・進研ゼミ用)、新たに作る必要がありました。

freekaomama.com


ちなみに、こちらはベネッセカード。
こどもちゃれんじ、進研ゼミを受講するならば、結構お得です!

 

 

======================

その他に挙げられるスクールバスのデメリットは、「レッスンの様子が見れない」ことでしょうか。
どんな習い事でも赤ちゃんから幼児の頃は、親が同伴したり、1人で受けられるようになってからも親が見ていますよね。


でも小学生にもなれば、1人で行って1人で帰ってくるパターンが増えるでしょう。
公文も英会話も学習塾も。
その点、スイミングや体操教室などのスポーツ系は外から見ることができるところが多いですが、スクールバスで行かせるようになってからは見に行ってあげられることがほとんど無くなりました。
(子どもはバスで行かせて、自分は自転車で行ってレッスンを見る…ということもできますけどね^^;)

これは子どもの性格によっては寂しいと感じるかもしれません。


でもうちの子の場合、親が見ていない方がのびのびと頑張れるみたいですw
恥ずかしさが出てきているのかも。

たまに土曜日へ振り替えて見に行ける時、「あんなにできるようになったの?」と聞かれるのも嬉しいみたいですね^^

親が知らないところで頑張って、それをたまに披露する…というのが、うちの子には良いみたいです。
これも自立なのかも。

親としても、昔はいつも一緒にいて見ていたかったけれど、小学校に入ってからは特に、子どもだけの世界ができましたしね。
もちろん見守っていくこと、必要な時に手助けすることは不可欠ですが、少しずつ手を放していくことも大切だと感じています。



そんなわけで、今のところはスクールバスにして良かったー!!と思っています。
春休み中、一度ぐらいはレッスンを見に行ってあげたかったけど、春休みは案外(かなり)短い^^;
夏に一緒にプールに行った時、泳ぎを披露してくれるのを楽しみにしようと思います。