スポンサーリンク

いよいよ足がつる季節に…何はともあれ血行の改善!!

さっそく早朝、足がつって目が覚めてしまいました。

なんだか、足がつりやすくて困ります…泣

 

足のつり(こむらがえり)は、寒くなって冷えてくると起きると思うのですが、どうやら『マグネシウム』不足も原因のよう。


でもそれならば季節は関係なく、夏でも起きるのでは??と思うので、私の場合はマグネシウム不足ではないと思う。


そこで調べてみたら、寒い時に足がつるのは、運動不足・水分不足などが挙げられるよう。

…それも季節は関係ない気がしますけどね…。
運動不足は万年ですw

おそらく、これが一番の原因かな、と。

◆冬場は寒さによる血行不良で冷えやすく、筋肉が硬くなりがち。また、運動不足も柔軟性の低下につながります。それにより、足の大腿部やふくらはぎなどの肉離れが起こりやすくなるのです。肉離れでは、筋肉が急激に収縮したときに筋細胞や筋膜が無理に引き伸ばされ、部分断裂が起こります。

出典元:寒いと足がつりやすくなる?|家庭の医学

 

そう、血行不良です…。
これならば、かなり自覚があります。
体が冷えまくっている感じもします。

血行の改善が、私の健康を維持する上での大きなポイントになりそうです。

 

こむらがえり・足のつりに効く薬もあるようですが…

【第2類医薬品】小林製薬 コムレケアa 錠 (24錠) こむらがえり 筋肉のけいれん ツルハドラッグ 

 

それじゃ根本的な改善にはならないので、やはり漢方薬で体質改善がいいのかな…と思っています。

 【第2類医薬品】「クラシエ」漢方桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)料エキス錠 【90錠】(クラシエ薬品)

この漢方薬は子宮内膜症を患っていた時も飲んでたなぁ。
女性の不調は、『冷え』『血行不良』が大きく関わっているんだな…と実感したものです。
この漢方薬の効果か、子宮内膜症はすっかり改善しましたしね~。


そのかわり、子宮筋腫に悩まされましたが。
でも無事に妊娠・出産できたのも漢方薬のおかげだと思っています。

妊娠中は筋腫の変性で苦しみましたけどね…。

freekaomama.com

 

でも、変性は妊娠中だけに起こるとは限らない。
筋腫に栄養が行き届かないために変性(壊死)してしまうというものなので、また同じ状況になれば、あの痛みが再現することは充分にありえます。

どうすれば筋腫にも栄養を行き届かせられるの?という感じですが(できたらすべて壊死して消滅してほしいですが…)、そればっかりはどうにもできないのかも…。


でも、冷えや血行不良が子宮筋腫を悪化させることはわかっています。
なのでやっぱり、血行不良の改善が一番大切なのかなと思っています。


できたら摘出手術をせずに一生を終えたいので(もう5回も手術したので疲れた…w)、血行を意識した生活を心がけます…。

 

 Q&Aでわかる子宮筋腫安心読本 名医の図解 [ 武内裕之 ]