スポンサーリンク

自分が祖母になった時、孫の「育児」を手伝うのは無理だと思う

おはようございます。
恐ろしいことに体内時計ができあがってしまったのか、5時に目が覚めてしまいました^^;
仕方ないので、シャワーを浴びて、のんびりお茶を飲んだり、ネットをしたり。

早く弁当作れって感じですがw、早すぎても傷みがなんだか怖いので、あと15分後ぐらいに開始するとします…。


そんな朝、ニュースをチェックしたら、またしても痛ましい事故が…。
67歳の祖母が、3歳の孫を幼稚園(夏休みだから任意の預かり保育?)に送って行こうと車に乗せたのに忘れてしまい、自宅に帰り、その後5時間も車内に放置…。
そのお子さんは熱中症で亡くなられたとのこと。

幼稚園に送り届けることだけではなく、車からも降ろし忘れてしまった…というか、もう孫が乗っていること自体を忘れてしまっていたのでしょうね。
その子は騒がなかったのか?
自宅に帰って車を停める時、後方は見ないものなのか?
など、疑問はありますが、そういう問題ではないのかもしれません。
認知症が考えられそうですよね…。

 

我が子が通う保育園にも、おばあさんが送迎している園児が数人いますが、やっぱり大変そう。
それほどご高齢の方はいないようですが、それでも送り迎えをするのは大変ですよね。
母親の私ですら嫌になることがあるのに…。
車だから楽、自転車・徒歩だから大変ということでもないでしょう。
忘れ物も注意しないとだし、先生から連絡事項を言われたりと、気疲れもします。


ましてやそれが70歳近いとなれば…想像もつきません。
今時70歳でも身体的には元気なんですけどね…。
でも、やっぱり判断力は鈍るし、子どもの咄嗟な行動に対応できるとは思えません。
脳細胞は加齢とともに確実に死ぬわけですから…。

我が子の場合、もう生まれた時点でおばあちゃん2人とも70歳を過ぎていたので、お願いするという考え自体、持てませんでした。
里帰り出産も、産後のヘルプに来てもらうことも無し。
2人とも帝王切開だったので、結構きつかったんですけどね…w

freekaomama.com

 

でも、その産後のきつさよりも、子どもの送迎の辛さよりも、おばあちゃんにお願いすることの方が心配というか、怖いと思ったので^^;

 

そして、もし自分が祖母になった時、孫の育児をできるか?
送迎など、日常的にヘルプできるか?

…と考えたところ、やっぱり無理なんじゃないかと思います。

***************************************************************
スポンサーリンク   ***************************************************************

今、下の子は3歳なので、ほんの3~4年前の話なのですが、もう新生児の世話は無理!!ですw
動きはじめの1歳児なんて、もう考えたくもないですw


いや、可愛いので、抱っこしたり遊んだりはしたいです。
でも『世話』はちょっと…ね。


園児になってからの送迎も、安全にかなり気を遣うので、本当に嫌ですね…。
何かあった時、責任とれないし。

私(祖母)がヘルプすることで、確実に娘の負担は減るのでしょうが、それが果たして孫本人のためになるのか?とも思ってしまいそうです。

色々な事情があるとは思うのですが、やっぱり小さいうちはなるべく親自身が、どうしても難しいようならばプロの方(ファミサポなど)にお願いした方が、子ども自身にとって安心であり、安全でしょう。


おばあさんにお願いしている親御さんを非難しているわけではないですが、やっぱり素人を過信するのはまずいんじゃないかと思うので…。
自分の親となると老化を信じたくなかったり、いつまでも「親」として頼りたくなってしまうものではありますが…。

でもいわゆる『定年』ぐらいの年齢からは、育児だけではなく、色々と日常的なことが厳しくなっていくんじゃないかな…と思います。
周りを見ていても。


40代の私でも、日々の送迎や園児の世話は結構きついです。
小学生になれば自分のことはある程度できるので、まだいいですが。
なので、孫を預かるのは小学生から、にしたいものです。


こんなこと言いつつ、実際に孫が生まれたら可愛くて、赤ちゃんの時からお世話しまくっちゃうかもしれませんが。
でも、孫自体が生まれないかもしれないし、自分自身が元気でいられるかもわからないし、その検討は20年後に持ち越すとします。

 

***************************************************************
スポンサーリンク   ***************************************************************