スポンサーリンク

エスカレーターや階段はやっぱり怖い…

エスカレーターに乗せていた車椅子が転落し、後ろにいた方が巻き添えで死亡されたというニュースが…。
車椅子の女性も付き添いの男性も、そして被害に遭って亡くなられた方もご高齢とのことで…。
亡くなられた方が本当にお気の毒です。

なんでエスカレーターに車椅子を乗せるんだろう?と、まず疑問を感じますよね。
その時点で非常識としか言えませんが、年齢を考えると、なお不思議。
力がある若者でも、何かあった時、車椅子を支えるのって厳しいのに。

どうやら、そのエスカレーターはニトリのようですが…店員さんは注意しないんですかね?
乗せる人間がまず悪いと思いますが、あんな大きなものをエスカレーターに乗せていたら目立ちそうなものなのに…。

…乗せてしまった後で注意しても、もう遅かったりするのでしょうが。
でも、もしかしたらそういうことが良くあったのかな…とも思います。

 

車椅子は見かけたことがありませんが、ベビーカーをエスカレーターに乗せているパターンはよく見ますよね…。

我が家もどうしようもない時(エレベーターが見当たらない駅のホームなど)、何回か乗せたことはありますが、その場合はベビーカーをたたんで、子どもは抱っこして…という感じです。
子どもをベビーカーに乗せたまま、エスカレーターというのは考えられないですね…。
いくらベルトをしていたにせよ。

 

そして、もうベビーカーを卒業している今でも、一緒にエスカレーターに乗っている時は過剰なほど注意してしまいます。
ちょっとでも動こうものならば「動くな!」ときつく叱ってしまいます^^;

もしも転げ落ちてしまったら大変なことですしね…。

 

もう20年ぐらい前の話ですが、東京駅で階段から転落して亡くなっている方を目撃したことがあるので、高い階段やエスカレーターになると、どうしてもその時のことが思い出されて怖くなってしまいます…。

***************************************************************
スポンサーリンク   ***************************************************************

その目撃したのは、JRの東京駅から東京メトロ東西線に向かう階段のところ。
地下に下りるエスカレーターもありますが、階段が広いので、急いでいる方は階段を利用されることが多いと思うんですよね。

そのお亡くなりになったと思われる方(目を開けたまま、天井の方を見てまったく動かなかったので亡くなっていたのだと思います…)も、スーツを着た50代ぐらいのサラリーマンの方でした。

 

それぐらいの方でもとっさの時には事故(転落)を防げないのですから、高齢者や子連れなんて、より注意が必要でしょう。

それは階段だけではなく、エスカレーターも同じですよね。
今回の事故のような転落だけではなく、巻き込みなどもあるし。


やっぱりエスカレーターは、うるさいほどに気をつけていこうと、改めて思いました。

***************************************************************
スポンサーリンク   ***************************************************************