スポンサーリンク

またしても小学生×高齢者という最悪の組み合わせ…

地域の高齢者の方と触れ合うことは、子どもにとって良いこと。

でも、道路という場所では、本当に最悪の組み合わせだと思ってしまう、悲しい事故がまた起きてしまいました。

 

今回は8歳の男の子とのこと…。

元気に走り回る頃ですよね。

幼児とは違った意味で、予期せぬ動きをしたり…。

 

私はまだ長女を学童にお迎えに行っていますが、もう1人で帰っている1年生も多いです。

2年生にもなれば、ほとんど1人帰り。

その子たちと一緒に帰ることもありますが、本当に危ない時も…。

ここで車や自転車が来たらアウトだな、と思うこともしばしば。

 

その運転手が高齢者だったとしたら…

ニュースと同じ悲劇が起きていてもおかしくありません。

 

 

もちろん危険ドライバーは高齢者だけではないです。

でもやっぱり、普通に運転していても判断力は鈍りますよね…年とるにつれて。

 

私はもう20年以上もペーパードライバーという恐ろしい人間なので余計にですが、もし運転を普通にしていたとしても、昔のように運転できる自信はありません。

 

そこに、注意力がまだ発達していない小学生がいたら…。

恐ろしいです。

 

 

私は、高齢者は免許を返納すべきと考える派ですが、それによって生活が成り立たなくなる方もいるわけだし、本当に難しい。

 

でも、私の母のように、認知症なのか正常なのかという判断が難しい、グレーの高齢者も多いと思うんですよね…。

認知症でなくても、脳の細胞は死んでいくんだし…。

 

 

とりあえず我が子には、安全な道を安全に歩くということを言い聞かせ、学童のお迎えは続けるしかないですね。

自分で家まで帰ってきてくれる日(学童を休む日)は本当に楽なんですが…。

 

でも、子どもの安全を思うと、そんなこと言っていられないですね。