スポンサーリンク

在宅医療…自分は無理かも

夕方から急に体調不良に見舞われ、長女をなんとか学童に迎えに行き、帰ってからは布団で休んでいます。

 

長女が次女の相手をしてくれるし、次女も元気になったので、安心しています。

こういう時、小学生は頼もしい!

助かります。

 

でも、やっぱり何かあるたびに「ママー!ママー!」と呼ばれたり、来られたり。

良かれと思って私にタオルケットをかけてくれたり…

次女なんかは、お腹をトントンしてくれるのですが、かなり激しいw

痛いw

 

子どもたちの優しい気持ちは本当に嬉しかったのですが、貧血と吐き気に悩まされ、相手できる状況ではなく(^^;)

つい「少しそっとしておいてね」と言ってしまいます…。

本当に体調悪い時は、ほっといてもらうのが一番嬉しいといいますか…。

 

思い返せば、次女を帝王切開で産んだ後、腸閉塞になった時…授乳どころか、連れて来られるのも嫌だったなあ…。

可愛い我が子といえども。

ま、その時は鼻から管も入り、寝たきり状態でしたしね…。

ナースステーション横の特別室だったし。

(無料なのが不幸中の幸い!w)

 

 

で、それらを考えると、もしも自分が今、難しい病気になってしまったとしても在宅医療は難しいのかも…と思ったりもして。

かといって、今の病院は子どもが病室に入れないところがほとんどだから、子どもに会うためには家が一番なのでしょうけど…。

 

難しい問題で、考えさせられます。

家族の負担、子どもたちの心の問題もありますしね。

 

いつどうなるかわからないんだし、どうしたいのか考えて、家族と話し合っておくのも必要ですよね…。