スポンサーリンク

初期の熱中症だったのか?

さて、引き続き次女の様子を見ていましたが、なんだかすっかり元気。
微熱は続いているものの、水分補給とエアコンをきかせた部屋で、だいぶ体調が落ち着いてきました。

風邪らしき症状もなく、本人いわく痛いところも無いそう。
(3歳にもなると、ちゃんと伝えられるから安心ですね!)


そんなわけで、もしかしたら熱中症なんじゃないか?という疑惑がふつふつと湧いてきていました。

土曜日の日中はとっても元気に出かけたのに、帰ってきたとたん、急に元気がなくなり微熱が出始めたので…。
水分はちゃんと摂らせていたつもりですが、なんせ体温調節が上手ではない幼児。
可能性は充分にあるな、と思っていました。


そして今日の様子を見て、やっぱりそうだったのかな…と。
(診断を受けていないので、もちろん推測に過ぎませんが)

 

熱中症って吐いたり、頭痛を感じたりするものというイメージがありますが、そうなった時はすでに初期症状ではなく、中期症状に入っていて、病院で治療する必要があるそうです。

********************************************************************
スポンサーリンク   ********************************************************************

熱中症の初期症状は、見過ごしてしまいそうな症状なので、気づかずに中期になってしまうことが多いよう。

37度程度の微熱や、ぼーっとして食欲が無い、元気が無い等も、熱中症の初期症状です。

体温調節を促してあげるために水分をたくさん摂らせ、汗を出してあげること。
発熱している場合はとにかく冷やすに限ります。

基本的に2~3日程度で発熱はおさまることが多いですが、熱中症の発熱はウイルスなどではなく体温調節機能が働かなくなっていることが原因なので、42度を超えてしまう恐れも…。
42度を超えると命にかかわってくることがありますので、高熱の場合、高熱が続いた場合は受診しましょう。


“高熱”の基準も迷うところですが(特に子どもの場合は体温が高くなることはしょっちゅうだし…)、子どもの場合は38.5度かな~と思っています。
処方される解熱剤も「38.5度以上になって、辛そうだったら」と言われることがほとんどなので、38.5度が基準なのかなと勝手に解釈しています。


ちなみに、子どもたちに解熱剤を使ったことは一度もありません。
無理に熱を下げてしまうのは良くないと言いますし、薬が切れると、まだ熱が上がったりすると言いますよね。
そして、その上がるタイミングで熱性けいれんが起こりやすいとか…。

長女が2歳ぐらいになるまでは、けいれんを起こすんじゃないかという、そればかりが心配でした。
その時、自分が冷静に対処できる自信も無かったし…。
結果、2人ともけいれんを一度も起こすことなく成長してくれましたが。
でも今も、薬で無理に熱を下げることには抵抗があったりもします。

自分はがんがん解熱鎮痛剤を飲みますけどww
そのかわり(?)39度でもよほど辛くない限りは受診しませんが…w

良くないですね、それも。


まぁとにかく、次女の体調が落ち着いてきたので、とりあえず良かったです。
まだ油断は禁物ですし、明日も微熱があるようならば、他の病気も考えられるので受診しようと思っています。

午前中ぐらいは保育園行ってほしいけどな…。
なんだか元気だし^^;

********************************************************************
スポンサーリンク   ********************************************************************