孫の比較で険悪に…!?

子どもたちもゆっくり過ごしたゴールデンウィークですが、やっぱり親からすると些細な事件はあったようですw


一人っ子でイトコもいないという子の話を聞くと、割と平和で微笑ましいw
おじいちゃん・おばあちゃんが入学祝いに旅行に連れて行ってくれたり。
思う存分、その愛情を一身に受けて、充電してきたような感じがします。

 

でも、兄弟姉妹・年齢が近いイトコがいる子はそうでもなかったようw
楽しく遊べはするものの、一人っ子・初孫のようにいかないのは当然なんですけどね。

********************************************************************
スポンサーリンク   ********************************************************************

最近よく聞くのは、孫同士を比較されて、実家との仲が悪くなったパターン。
長女の保育園時代のお友だちでもいましたね…。
かたや幼稚園で礼儀正しい子、かたや保育園でやんちゃな子…しかもお母さんがシングルだったので、余計におばあちゃんとしては心配であれこれ言ってしまっていたよう。

でも、お母さんとしては気分悪いですよね。
心配から出た言葉だとわかっていたとしても、そりゃ疎遠にしたくもなるかも。

それは極端なパターンでは?と思っていましたが、話を聞いていると案外このケースは多いよう。
しかも、小学校に入ったとなると、今度は成績も比べられますしね。
おじいちゃん・おばあちゃんとしては何の悪気もなく言った一言でも、言われた子ども自身も嫌な気持ちがするようで。

うちの子は幸い、年齢の近いイトコというものがいないので、リアルタイムで比較されることはありません。
そのかわり、本人たちはつまらないようですし、帰省の主役になることもないのですが。
卒園にしても入学にしても、何かのついで、になってしまいますw
(私の実家にとっては初孫なので、本当はもっとちゃんと主役にしてあげて、お祝いしてあげるべきなのですが…可哀想に、できていません)


でももしかしたら、リアルタイムで比較されなくても「〇〇はこうだった」的な話も、嫌だと感じちゃうのかな!?と思ったりもします。
それはエピソードの一つとして話に出ることなので、気にせずに聞き流してもらいたいものですが。

でもどうも最近の長女と話をしていると、実は打たれ弱いんじゃないか?と感じることも多々。
というか、新しい環境(学校)に行ったことで、今まで持っていた自信が揺らいでいるような感じを受けています。

今まで少人数の保育園だったけれど、その倍以上のクラスメイトができたわけですしね。
字を書くことも、今まではできる方だったけれど、新しくできたお友だちに赤鉛筆で直されてしまうこともあるみたいですw
これは本人も楽しそうですがw

運動会を終えて、自信を持って学校生活を送れるようになってほしいと思います。

 

あとは…次女との関わりでも、長女を立てていくことが大切だと実感しています。

小学生になったこともあり、やっぱりプライドが前よりも高くなってきたように。
長女ということで我慢してもらわなければいけないところもありますが、それ以上に次女にも、お姉ちゃんを尊敬?するように教えていかなきゃ、とも。

姉妹間の比較は、孫の比較以上に深刻な問題に発展するでしょうしね^^;
成人してから、その鬱憤は出てくるのかも。


親として注意していかなきゃ、と思いました!

 

********************************************************************
スポンサーリンク   ********************************************************************