食いつきが悪かった「ドラゼミ」…

「こどもちゃれんじ」を赤ちゃんの時からやっている長女。
4月からは1年生なので、「チャレンジ1年生」へとステップアップします。
正直、もうやめさせてもいいかな…とも思うのですが、準備プログラムとして特典などをもらってしまったので、しばらくは続けたいと思いますw


なので長女はいいのですが、次女はその手のものをやっていなく…。
やっぱりしまじろうが大好きなので、お姉ちゃんの教材で一緒に遊んだりするのですが、なんせ自分よりも3歳上の教材なので、ただ自由に遊ぶだけなんですよねー。

長女に関しても、私はこどもちゃれんじに知育的なことはそれほど求めていないと言いますか、おもちゃの一つとして捉えているので(もちろん、こどもちゃれんじで出来るようになったこともありますし、DVDもかなり役立ってきましたが!)ただ遊ぶだけで全然いいのですが…。

でも、次女に何もやらせてあげていないというのが、姉妹間に差を作ってしまうようで、なんだか可哀想に感じるわけです。

4月からは長女が保育園を卒園し、小学校に入ることで、かなりのコストダウンになるので、この機会に次女にも何かやらせてあげようかな…と思ったりもしています。


というわけで先日、小学館の幼児教材「ドラゼミ」の体験版を申し込んでみました。
で、今日届いていたので、ちょっとやらせてみたのですが…かなり食いつきが悪かったですw

もちろんドラえもんは嫌いじゃないし、シール遊びなんかは楽しくやっていましたが…。

 

ただ、無料の体験教材にしても、やっぱりしまじろうの方が心をくすぐるようです。
ドラゼミの体験教材はワークブックだったし、これから年少クラスになるという子にとっては、若干難しめの内容でした。
2つの絵が描いてあって、安全な方に〇をするとか…。
たとえば、道路で親子が歩いているシーンで、片方は手をつないでいる、片方は手を離している、というような。
たぶん次女も、普段から「手をつないで!」と口うるさく言われているので、なんとなくはわかっていると思うんです。
でも「安全」という言葉の意味が、あまりわかっていないだろうし、質問を理解するのも難しい感じといいますか…。


その点、しまじろうは優しいかな、と。
そもそも求めるものが違うのでしょうね…。
ドラゼミは、幼児教室の「ドラキッズ」のような感じなのかもしれません。

でも我が家は別にそこまで力を入れず、遊びから学んでくれればいいと思っているので、とりあえずドラゼミは見送りかな…と思ってます。
本人が楽しくなかったら本末転倒ですからね^^;

その分、他で楽しいことを探してあげたいと思っています!

 

スポンサーリンク  

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供あり主婦へ